宝徳 健の最近のブログ記事

 今朝は、いろいろやることがあるので、ブログはこの一つです。

 まだ、薪風呂だつた頃、風呂をたくのは、私の仕事でした。火の維持が大變。油斷するとすぐに冷めてしまひますから、入つてゐる人が湯冷めします。そこに「オガライト」といふおが屑を固めたようなものが開発されました。薪で火をおこし、炭が機能するまでこのオガライトをくべておくと、火が画期的に維持されました。便利なものだな~とおもいした。つきっきりにならなくても、火が維持されるので樂でした。

 まだ、缶詰が今より市場で存在意義を持つてゐたころ、缶詰のふたを開けないで、コンロで熱して、缶詰が爆發したといふニュースがありました。私がまだ小學生のころです。小學生の私でも、そんなことをしたら、中で空氣が膨張して爆發することはわかりました。爆發させた人がメーカーを訴へたといふニュースを観て、「自分の責任じゃん」と思ひました。
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納しています。

 JR東海の月刊誌 ひととき。四月号も素晴らしい。一気に読んでしまいました。素敵な記事をシリーズで紹介します。

 神功皇后(じんぐうこうごう)の名前さえ知らない日本人ばかりになってしまいました。これも不埒な日教組による戦後の過った教育の弊害です。これについては、おいおい。

 さて、日本一の湖は琵琶湖です。滋賀県は古代には「近江國」と呼ばれていました。琵琶湖は都に近いので、「近淡海(ちかつおうみ)」がなまって「おうみ」となったと言われています。

お詫び

| コメント(0) | トラックバック(0)
    申し訳ございません。明日25日20時頃まで仕事の機能が停止します。

・メールは大丈夫ですが、すぐに返信できません。
・携帯メールは大丈夫です。返信もできます。
・電話は折り返しになります。
・訪問や面談は不可です。
・ブログはお休みするか 、短いのを書くか・・・・

理由? き・聞かないでください(笑)。
 この日誌は右のカテゴリー「ひよこクラブ」「古典」に格納しています。

 明日の朝ブログが書けないので、今、明日の分を書いています。

 孫子の兵法の「廟算」です。

 私は東郷平八郎も秋山真之も大好きです。しかし、事実は事実で知るという姿勢は崩したくありません。まずは東郷平八郎から。

再 支那紀行

| コメント(0) | トラックバック(0)
 このブログの過去記事を検索できない方々のためにご要望が多かった記事から再掲しています。右のカテゴリー「宝徳 健」に格納されています。

 2011年12月1日掲載記事です。

姉崎と姉ヶ崎

| コメント(0) | トラックバック(0)
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 非嫡出子の相続の話は本当にひどい。みんなで手を取り合って難局を乗り切ってきた家族をすべて否定しています。妾を作って子供を増やす相続対策がいいのですか? ちょっと考えたら、これがどんなにでたらめなことかがわかります。左翼というのは、しつこくしつこく、何度も繰り返しこういう嫌がらせをします。國が壊れていきます。最高裁判所の良識ある判断を期待します。

 さて、私のカミさんの実家は千葉県市原市姉崎です。住所表記は「姉埼」ですが、駅の名前は「姉ヶ崎」です。兵庫県の三宮も駅の名前は「三ノ宮」です。岩手県の一関も駅の名前は「一ノ関」です。兵庫県西宮も、最近まで「西ノ宮」でした。なぜ?
 

ひどすぎる

| コメント(0) | トラックバック(0)
  いつものブログ記事は夕方書きます。

  最近、また面白くなってきたな〜と思って、日経を毎日読んでいました。でも、今日の日経は、酷すぎる。

   春秋。なんだい、これは!!!   家族の崩壊を進めるのか?  びっくりです。非嫡出子の相続問題です。日経が、日本崩壊推進新聞だとは知らなかった。古事記を読め!

  社説。日経の社説が醜いのは、前からですが、今日のは、読むのも汚らわしい。

   私の履歴書。あえて、TPP推進の世論誘導をするような人間を登場させるなよ。
醜い日経を、本当に必要な時以外はもう読みません。
   



 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 「人倫の道 寺田 一清著 致知出版社」を読みはじめました。

再 支那紀行

| コメント(0) | トラックバック(0)
 過去ブログの記事の一つです。2011年の年末から2012年の年初にかけて書いた記事なので、とても新しい記事なのですが、希望者が複数いらっしゃいましたので。やはり検索ができないようです。どうしてなんだろう? 私のパソコン4台とアイパッドはできるのに~。まあ、そんなことを言っていても仕方がありません。「ひとりごと 宝徳 健」に格納しています。まず二つ紹介します。

武士の娘

| コメント(0) | トラックバック(0)
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 「武士の娘 杉本鉞子(すぎもとえつこ)著 ちくま文庫」という本があります。
 NHKが日支国交回復四十年を記念して「命をかけた日中友好 岡崎嘉平太」という特別番組を放映していました。バカ番組です。

鳥肌が立つ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 この記事は右カテゴリー「和歌」に格納されています。

 日馬富士が優勝しましたね。新横綱がんばれ。表彰式の時に野田が「感動して鳥肌が立った」とのたまっていました。ガクッときて体中の力が抜けました。

お詫びと連絡

| コメント(0) | トラックバック(0)
 みなさん、おはようございます。
 朝までばっちり仕事が詰まっているので、今朝はブログを書けません。また、もしかしたら、明日の朝も書けないかもしれません。あるお店の年度合宿に行くのですが、その合宿地ではe-mobileが使えない恐れがあります(昨年までは使えませんでした。今年は使えるようになっていますように)。

 最悪二日間、ブログを休みます。もしかしたら書けるかもしれないけれど・・・。e-mobileが使えたら本日の昼間も書きます。

話し合う必要なし

| コメント(6) | トラックバック(0)
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 訳が分かりません。いったい、民主党の政治家の感覚とはいったいどうなっているのでしょうか?私は政治家ではありませんが、そのぐらいの事はわかります。

母の誕生日

| コメント(0) | トラックバック(0)
 今日は記事が多くてすみません。てみじかに本日最後の記事を書きます。

 毎年書いていますので、もうあまり書くことがないのですが、私は一度だけ、母の誕生日を忘れたことがありました。そんなことで、とやかく言う人ではないのですが、その年の事は今でもとても悔いています。

 

無花果

| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨日、事務所の近くのスーパーに晩御飯を買いに行きました。無花果がならんでいました。無花果ジャムやコンポートを作るのが大好きな私は、「あ~、最近、ラッキョウもつけてないし、梅酒も作ってないし、無花果ジャムも作ってないや~」と思いました。情緒がない生活です。

 ふと、「いちじく」ってなんで「無花果」」と書くのだろうかと思いました。調べました。

万葉集と数学

| コメント(0) | トラックバック(0)
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 先日紹介した「夢中になる!江戸の数学」の著者 桜井進さんには、それこそ「夢中」になってしまいます。万城目学さんの作品に出会った時のような感覚です。

 私は知りませんでしたが(情けない)、万葉集に数学の事を詠った和歌があるそうです。
 最近、日本サッカーが強くなったので、応援しようとしてテレビを付けました。馬鹿なファンが、日の丸の赤いところに字を書いて、旗を振っていました。一気に見る気が失せて、テレビを消しました。

 なんとかしれくれ! 國を破壊する行為です。歴史を学んでくれ。涙が出てきます。

パラリンピック

| コメント(0) | トラックバック(0)
 この記事は右のカテゴリー「和歌」に格納されています。

 梅ちゃん先生の堀北真希さんは、とても上手なのですが、この前のお母さんの役だけはちょっといただけませんでしたね(笑)。太郎が誘拐されたと思われるシーンです。でも、他がとても上手だからいいや。

 パラリンピックは、感動の連続です。いつもオリンピックより感動しながら観ていますし、教えられることが多々あります。

あなたはいくつ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
 あ~だめ。仕事をする合間に本を読んでいるのか、本を読む合間に仕事しているのかわからない~。歴史や数学の本は読み始めるととまりません。

 たまたま、今、あなたは何秒生きていますか?という数学の本の問いかけがあったので、計算してみます。(うるう年とか細かいことはなし)

 平成二十四年九月七日が終わった時点だと、54歳と18日。54年は19710日だから、合計で19,278日。19,728日×24時間×60分×60秒=1,704,499,200秒

 ひえ~、17億秒も生きているんだ~。子供のころ、十数えたらお風呂から上がっていいと言われ、その十秒がとてつもなく長く感じたことを覚えています。なのに17億秒とは。今が半分だから、あと17億秒生きるんだ~。

 おっと、仕事仕事。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち宝徳 健カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコンサルティングです。

次のカテゴリは掲載されましたです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。