壇蜜の本(皇紀弐千六百七十八年一月十六日)

| コメント(2) | トラックバック(0)
 久しぶりに夜にルーティンが出來る日です。いえ、表現が違ひますね。ルーティンが出來るかどうかを外部要因の責任にしてゐます。相田みつをさんの言葉に「出來なかっつたの、やらなかつたの、どつち」といふものがあります。ルーティンをやらなかつたのであつて、出來なかったのではない。

 壇蜜といふ女性のことはあまりよく知りません。今でも。TVとかでなんかエロつぽいことをやつてゐるやうな印象が持つてゐました。世間の目もさうなのでせうか?

 一度だけ、壇蜜がTV出ていたとき目にとまつたことがありました。
「言葉がきれい」

 第一印象です。「あの⤴」「だから⤴」「それで⤴」「私は⤴」といふ、およそ腦みそがどこにあるかわからない話し方はしませんし、美しいものを破壊していくあの「ら」抜き言葉もありませんでした。

「この子頭がいいな!」と直感!

 本を讀みました。うん、確かにこの子は頭がいい。少しだけ、自分のことを卑下してみてゐるのかなあ。でも、面白い。なんであんなエロいことをしたんだらう。賣り出すためかなあ?

たべたいの(新潮新書)【電子書籍】[ 壇蜜 ]

 壇蜜は食べ物を残すのが嫌いなんですね(爆笑)。賞味期限切れの牛乳がいつまで飲めるか試すなよ(爆笑)。こんなおもろい納豆の食べ方するなよ(爆笑)。壇蜜の人間味が溢れる本です。一氣に壇蜜のファンになりました。

壇蜜日記【電子書籍】[ 壇蜜 ]

 このシリーズも(4まであります)。

 これはいいわ。なんて頭の良い子なんだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.soepark.jp/mot/mt/mt-tb.cgi/7405

コメント(2)

確か壇蜜は秋田出身なんですよね。
ちょっと嬉しいですね!秋田県民が応援されているみたいで。

 深田さん、コメントをいただき感謝します。先日は、ありがとうございました。壇蜜の実家は今は東京らしいのですが、秋田県の横手ですよ!!!!
 この子いい子ですね~。本当に頭がいい。

コメントする

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、宝徳 健が2018年1月15日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おいおい日經さんよ(皇紀弐千六百七十八年一月十四日 四)」です。

次のブログ記事は「スピンはめぐる(皇紀弐千六百七十八年一月十六日 弐)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。