株式会社経営戦略室の夢と企業活動

 弊社の目指す姿です。
<アライアンスの創造>
1.UBA(ユビキタス・ビジネス・アライアンス)
 一社一社独立した中小零細企業が、自然とお互いをサポートしあう関係をつくる。強制された組織ではなく、自然なつながり。

2.UCA(ユビキタス・コンサルタント・アライアンス)
 そのビジネス・アライアンスを支えるコンサルタントの自然な関係をつくる。それぞれの得意分野を自然と補完しあう関係です。

3.UHA(ユビキタス・ヒューマン・アライアンス)
 日本人本来の魂を持った人間が自然と互譲互助の関係を持った関係をつくる。組織ではありません。組織には核となる人間が必要であり、その人間がいるうちはいいのですが、いなくなったらが瓦解します。夢のような人間関係つくりです。一生をかけてやってみたい。

<社会における企業の創造>
 上記の人間関係を構築しながら、企業におけるERM(エンタープライズ・リスク・マネジメント)、BRM(ビジネスモデル・リストラクチャリング・マネジメント)、PIM(プロセスイノベーション・マネジメント)を強力に展開する。

ERM(企業を取り巻くあらゆるリスク(顕在・潜在を含め)への対応です。経営戦略そのものです。承継、再生、相続、法&税務的リスク対応、コストリスク、環境リスク、BCP等)
BRM(環境変化に対応した企業のビジネスモデルの再構築です。ERMに基づいて、常にリストラクチャリングを考えておきます)
PIM(BRMを実現するための現場のオペレーション改善です。普段の企業活動はここに集中しがちなのですが、ERM・BRMに基づかないPIMの改善は意味がありません)

これらのことを実現するためのわが社のあり方
<経営理念>
武士道:鍛え上げた自分の力を自分のためではなく互いに使いあう日本人本来の姿

<経営方針>
1.企業の永遠なる継続のサポート
2.「小」の「自発的」「自律的」「自立的」関係作りのサポート
3.国家への貢献(企業継続による経済的貢献、優れたビジネスモデルの提供、生き方の示唆)

<中期目標:具体的数値割愛>
1.円が50円/ドルとなっても経営が継続できる企業づくりのサポート
2.その業界の需要が半分になっても優れたビジネスモデルを提供できる企業活動のサポート
3.正しい歴史認識・国家観を持った人間の育成(自分も含めて)

<この3年間の目標:具体的数値割愛>
1.自社の完全なる自立
2.自分の完全なる自覚・自律・自立
3.上記夢を実現するための、人間関係・ビジネスモデル等を自らがまず構築していく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.soepark.jp/mot/mt/mt-tb.cgi/2899

コメントする

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。