2022年3月アーカイブ

 昨日から、七十二候 次候 櫻始開 さくらはじめてひらく です。 桜前線が北上しはじめました。みなさんの所の櫻が咲き誇るのはいつでしょう。
 20代から40代は、頭の中に5つのBOXがありました。3つに仕事を入れます。2つは空けておいて、緊急の仕事や家庭で起きたことに対処していました。

 それが50代になると4つに減ってしまいました。
 PMIとは「Post Merger Integration ポスト・マネジャー・インテグレーション」です。

 M&A用語です。企業がM&Aを行う際に「初期段階で統合阻害要因などに事前検証を行い、その検証結果を基に統合後にそれを反映させて組織統合マネジメントを進めること」です。

 M&Aは買って終わりではありません。
 先ほどの記事にも書きました。今日は彼岸に入りです。

 ですから、二十四節気 春分 です。春ですね。

 そして、七十二候は 春分 初候 雀始巣 すずめはじめてすくう です。

 雀が巣を作り始めるころです。枯草や藁などで、屋根の隙間とか変われの下、雨どいなどに器用に巣を作りますが、最近、あまりみませんね(涙)。

 子供が小さい頃、必ず読んでとせがむ本が数冊ありました。「おにぎりころりんすってんとん」が筆頭でした。「一寸ぼうし」「雀のおやど」「はなさかじいさん」などもそうでした。

 今でも、暗記しています。雀のお宿の詩もよく歌ってあげたなあ。子供の成長は楽しみですが、小さいころから大きくなると何か残念な気がしますね笑。

 春分の頃の和菓子は何かな?
 晴の彼岸ですね。彼岸は、春が「春分の日」、秋は「秋分の日」を中日として前後3日間、合わせて7日間が「お彼岸の期間」となります。

 なので、今年、令和四年(2022年)は、春のお彼岸は三月十八日~24日までの7日ごいう日程になります。

三月十八日 彼岸入り
三月二十一日 中日
三月二十四日 彼岸明けです

 さて、タキトゥスの罠という言葉があります。

 今、士魂商才第百六号の原稿を書いています。今回は、新しく始めた仕事が面白くて、そっちに集中しすぎました涙。 原稿は明日アップして印刷会社に送ります。間に合うかしら(笑)。

 巻頭言だけ紹介しますね。
 今月の日本經濟新聞の「私の履歴書」は、浮川和宣(うきかわ かずのり)氏です。面白いですね~。私が士魂商才で書いているIT体験談なんかおよびにならない。

 かつて、一太郎という大ヒットワープロ商品がありました。私は、富士通のOASYSを使っていましたが、一太郎をうらやましく思っていました。

 MetaMojiという会社の社長です。かつては、ジャストシステム。MetaMojiは何と60歳になってから起業されています。浮川さんは、昭和二十四年(1949年)五月五日生まれでいらっしゃるので、私より九年お兄さんです。MetaMojiを起業されたのが平成二十一年(2009年)です。

 一太郎の頃は、いろいろなメーカーからいろいろなPCやワープロが出ました。それをマイクロソフトが一気に崩してきました。ロータス123さえ今はもうあるのかしらというぐらいです。
 今月号の弊社月刊誌 士魂商才第百六号は、製造業応援号です。その下書きをここでやります。

 食品加工製造業は、士魂商才で詳しく書きますが、食品加工製造業は、もう飲食業と言ってもいいでしょう。百四号でパンデミックにおける飲食業は詳しく書きました。またそれはいずれこのブログでも書きますね。

 ここでは、金属加工業や機械製造業(機器も含む)などについて書いていきます。

 

 先日、郷里 福岡の友人から、「平和楼」という支那料理の店が廃業するという新聞記事がラインで送られてきました。宴会需要で成り立っていた会社です。士魂商才で言う所の経営と事業の融合ができていなかったのでしょうね。

 地方の、よい、お蕎麦屋さんとか和菓子屋さんとか天ぷら屋さんなどが、とても人気がある(その街では知らない人がいないぐらいに)のに、廃業するケースが多々あります。

 生業でやられていたのならそれでもいいのですが、やはり残念でなりません。事業はあっても経営がないケースです。

 中小企業の休廃業・解散件数は、平成三十年(2018年)には4万6千件と前年より1万件増加しました。価値ある中小企業の廃業に歯止めがかかりません。地方創成なんてとんでもない、雇用も技術も失われてしまいます。

 令和七年(2025年)までに七十歳となる後継者未定の中小企業は約127万件です。このうち黒字廃業の可能性がある約60万件の第三者承継を目標としているのが、第三者承継支援パッケージです。

 つまりM&Aをやれと経済産業省は葉っぱをかけています。この経済産業省の作成した「第三者承継支援パッケージ」をシリーズで解説していきます。
 最近、M&Aに凝っています(笑)。中小零細企業は経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)に限りがあります。一方で中小零細企業が、経営資源をすべてそろえようとするととても非効率になり、コストも身の丈に応じた者ではなくなります。

 それでもフリーダムの実現を目指さなければならない。その経営資源を補完する方法は枚挙に暇がありませんが、M&Aもとても強い武器になります。

 M&Aの必要性はわかっていても、その進め方や用語がわからないという方に、このブログでランダムに書いていきますね。


 まず、プレイヤーですが、当然ながら「買手」と「売手」があります。そしてそれを仲介するひと仲介者が。仲介者にいろいろな会社を紹介したり、システムを提供するプラットフォーマーがあります。

 その中で、FAという重要な役割を担う人がいます。FAつまりファイナンシャル・アドバイザリーのことです。
 十一年前の今日、息子が大学に合格しました。とても、うれしかった。そして、次の日に東北大震災が起きました。とても悲しかった。

 そして、昨年の三月十日に父が亡くなりました。享年九十四歳(数え)。

 昭和二年七月一日生まれ。生前は「俺は明治六十年生まれだ!」と言ってはばかりませんでした。

 帝国海軍甲種飛行兵第十四期(甲飛十四期)です。なんと十代の若さで先任伍長として260人の部隊を率いていたそうです。

 決めたことは、必ずやりとげる人でした。なぜ、あの性格を私が引き継がなかったのだろう。

 七十二歳まで、バリバリに働いていました。抜けないなあ。なかなか。さてと、やるか。合掌。
 ムーアの法則とは、「半導体のトランジスタ集積率は18カ月で2倍になる」です。

 なんのこっちゃ。

 インテルの創業者の一人のゴールド・ムーアが提唱しました。現代では、いろいろ真事実を言う人もいますが、経験則というのは今でも力を持ちます。

 じゃあ、半導体のトランジスタの集積率ってなに?
 よくTVで懐かしの漫画とかやっていますが、私からすれば、何にも懐かしくありません。宇宙エース、遊星仮面、スーパージェッター、宇宙少年ソランあたりですかね。鉄腕アトムは実写版をやっていました。そうだ、漫画ではないけど、いろいろ面白いのがあったなあ。レインボーマン、月光仮面、枚挙に暇がありません。

 今での全部歌えます。子供の頃に覚えた歌って覚えていますね。小学校の考課も歌えます。大嫌いだった中学校の校歌は忘れたけど(笑)。著作権があるらしいから、それぞれ写真に収められないのが残念ですが。


 その中でも比較的新しいのが、鉄腕アトムと巨人の星。

 この前、何かを見ていたら、大リーグボール養成ギブスは、今だったら児童虐待だ!って書いてあった(笑)(笑)(笑)。
 
 これも、写真が載せられないからざーんねん。男が強くある時代があったのだよ。Z世代の諸君。

 
 夜、寝る時のために、こんな本を何冊か持っています。まあ、困難な本を持っていた方が、眠られないし、こういう本を持っていた方が、眠れなくなるけどね(笑)。

 この蝉谷めぐ実さんって、とっても良い作家ですね。作家のイメージ力って面白いなあ。