2019年7月アーカイブ

男の使命とは何か
 私は気になるニュースがあると、それをPC上に保存します。でも、この記事は、そんなことをするにもばかばかしくしませんでしたから、報道とは違っているかもしれません。

 警察の巡査部長が交際していた女性をなんとかなんとか・・・・。

 男の唯一の使命とは何か! 女子供という自分より弱い人間を守ることです。力という意味だけではない。だから、仕事をする。仕事をして力をつける。その力で稼ぐ、護る(最近の安易な稼ぎ方はだめです。FXとかなんとか)。

 男というのは女よりはるかに劣る存在です。女は妻も母も主婦も仕事もできるマルチグレードです。男は、仕事しかできないシングルグレードです。女性は料理をしたら家事をしたら、一度にいろいろな複数のことができますが、男は一つしかできません。

 よく、かみさんが、私が何か用事をしているときに、「ねえ、そこにあるそれとって」と頼まれます。私は別の用事をしながら、そのリクエストに応えようとするので、それが頭にあるります。すると見つからないのです。「どこ?」と聞くと、「目の前にあるじゃない!!!!!!!」と、罵られます。息子も同じことで怒られます。脳科学者の黒川伊保子先生によると、それは脳の働きの違いだから仕方がないのとは仰いますが・・・・笑。

 だから、男には、仕事をさせるしかないのです。男女は平等ではない。男女区別が必要なのが、世の中の大多数がわからずにPCで男女平等を叫んでいる。男女平等なんかになったらこの世は亡くなります。

 優秀な女性が男女平等をしようとするとどうなるか。男を女として扱うようになると、男は男の機能を果たさなくなります(優秀な女性に敗けてしまうから)。だから、昔の賢い日本女性は、「あなたは男でしょう!」と男の子を育てました。婦道です。こまごましたことは私たち女性がやる!だから私たちを守れ!そういう世の中を創れ!と。

 イクメン? 馬鹿言うな。最終的に女性が損をするだけです。というか世の中全体が。私?息子が小さなときは、もちろん、仕事はバリバリやりましたが、できる範囲を超えて子育てをしました!!!

 もし、親バカ選手権があったら、私は世界チャンピオンになるでしょう。でも、それは仕事をした上での話です。

 先日も書きましたが、母は重度の病で手足も思うように動きませんでした。でも、絶対に家事を私に手伝わせようとしませんでし。痛そうだなあ、と、思って手伝おうとすると「あなたは、男でしょう!これは私の仕事!あなたには男としてほかにもっとやることがあるはずです!」。

 ジャンダーフリー。危険極まりない発想です。

京都アニメーション
 昨日から海老津⇒東郷(両方とも福岡)に来ています。仕事です。二つのクライアントさんにお邪魔したのですが、とてもよくなってきています。でも、

満足は失望の始まり
安心は絶望の始まり

 企業経営とは怖いものですね。どんなにうまくいっていても一瞬出崩れ去ります。だからといって大らかさをうしなってもいけない。

 精進します。私? 何もしていません。企業に眠っているものを引き出しただけです。

整えて深く探って強く引き出す

 コンサルもそうですが、上司の能力(脳力)はこれに限りますね。私はサラリーマンのころからそうです。仕事はその人の仕事やけんね。

 昔、宇佐美の親父のところに行って、いつもの通り社長室に座っていました。ある専務さんがいらっしゃいましhた。「親父さん、これやっていいですか?」「おお」「ダメですか?」「おお」「どっちですか?」「おお」。専務さんは、怒ってあっちに行きました。

「親父さん、何か言ってあげたらいいのに」と私。
「俺が結論を出すとなあ、みんなが考えなくなるんだ」と親父さん。

 まあ、そういうことなんでしょうね。
 今日から七十二候 小暑 次候 蓮始開です。「はすはじめてひらく」と読みます。

 蓮がゆっくりと蕾をほどき、花を咲かせる頃です。水底から茎を伸ばし、水面に葉を浮かべて、綺麗な花を咲かせる蓮ですが、開いてから四日目には散ってしまいます。
 
 釈尊が、蓮の花に座っているのを若い頃、ずっと不思議に思っていました。あるとき、あるお坊さんが「宝徳さん、蓮はどういうところに育っていますか?」

宝「どろのばかりのレンコン畑のようなところです」
坊「そうですね。どろだらけだと、水もよどんでいますよね?」
宝「はい」
 眠か~。二日続けて徹夜。身体? しんどくないとはいわないけど、心地よい。戻ってきましたね~。宝徳はこれでないとね。うれしくて。

 


 先日亡くなられた田辺聖子さん。どの本も面白いわ。短編小説のタイトルがあって、読み進めると、「なんで、あんなタイトルなんだろう」と途中で。そして、田辺さんはそのタイトルを落ちにつかいます。なるほどなあ、と最期に思います。さすが大阪人。

 開設をしている 大好きな山田詠美さん。最初彼女が直木賞かなんかをとったとき(記憶が定かではなくてすみません)の作品がラバーズ・オンリー。学生時代でした。「なんてエッチな本を書く人なんだ」と思いました。でも、今、私としては、彼女は谷崎潤一郎を超えたのではないかと思っています。

 特に、彼女の「賢者の愛」は、谷崎潤一郎の「知人の愛」を完全に超えています。もっとも山田詠美さんが、谷崎に喧嘩を打っているような本ですが(笑)。おもしろいなあ。


 本は自分を自分を豊かにしれくれます。それ以外の目的は読書にはない。たとえビジネス書であっても、それを逸脱した瞬間に本を読む意味がなくなります。

 今上天皇陛下が若かりし頃、英国オックスフォード大学に留学された時の本です。高かったけど買って読んでよかったなあ。歐州ですから、陛下(当時は皇太子さま)にご滞在中いろいろな外交難点をふっかけてきます。それを、きちんと受け留められていらっしゃいます。我が国の皇室にかなう人はいませんね。だって、国民を「おほみたから」と呼び自分よりも大切な宝物ととらえる君主などこの世に日本しかありませんよね。だから、世界で唯一歴史が連続した 人間社会の奇跡の国 我が国日本がこれからも続いていきます。

皇弥栄(すめらぎいやさか)

 日本人に生まれたことを、誇りに思います。
 
 だから、世界遺産など、皇室を遺物にするのはやめましょう。

 陛下の素敵なお人柄にも触れる幸せを感じることが出来ます。
政治を馬鹿にするな
 なんですか、あの、令和何とかという政党の、山本何んとかというヤツ。あんなのに選挙資金が二億円以上集まるなんて。まあ、提供者は支那かどっかか共産主義者なんでしょうね。

 身障者の方々をどうこういうのではありません。彼らは社会から守られるべき人なのです。なのに、政治にさんかせよというのか? そして、また、メディアのPCです。国会をバリアフリーにと・・・。

 政治家という激務の世界にあの方々を放り込むのですか? 山本何んとかは、最後まであの方々の面倒をみられるのですか? 政治を馬鹿にするな。

 枝野もそうです。党首討論で、あなたの選挙区で、野党統一候補が共産党だったらあなたは、その人に投票するのかと安倍さんから聞かれて、「はい」(笑)。まあ、こっちは、もともと共産主義者同士ですからね。汲みしやすいのかも。立憲民主党って共産主義ですよ~。政治を馬鹿にするな。


日本の小惑星探査 独自技術で世界をリード 高い技術水準示す

https://www.sankeibiz.jp/business/news/190711/cpc1907111218007-n1.htm

 これはうれしいですね~。
 今日は弊社の創業節。昨年まで創業記念日と書いていた自分を恥じます。弊社も我が国の中の会社。毎年記念するのではなく、節目をよく考えていきます。十八周年です。