つれづれなるままに(皇紀弐千六百七十八年六月十三日 七)

| コメント(0) | トラックバック(0)
 米朝首腦會談は、今、どうのこうのと云ふ時期ではありません。バカなメディアが、首腦宣言に埒が入らなかったと言つてゐますが、日朝首腦會談でもないのに入るわけがありません。それを云ふなら軍事力を強化しろと云ひたい。軍事力の後ろ盾なき外交などありえまえん。アメリカは沖縄にF22ラプターを8機ももってきてゐました。拉致した日本人を返さないと叩き潰すぞと云ふ外交をやらないと帰ってきません。會談の中でよくぞトランプが拉致問題に言及してくれました。

 さて、北朝鮮は核を放棄しません。それを軸として今後、米中が秘密裏に接近するでせう。怖いのは、表向き核放棄をやりながら、平和協定が結ばれ、在韓米軍が撤退することです。そして韓国と北朝鮮が接近し、北の核と韓国のF15イーグルが一斉に我が國を向くことです。

核保有の議論

を本氣でやらなくてはなりません。我が國の技術だと、すぐに核兵器は造れます。なので、議論をするだけで、とてつもない安全保障となります。もう目を覺ましませんか?

 ネガティブリストに切り替えて、軍隊として自衛隊を機能させてあげることも大切です。でないと、彼ら自身が危險にさらされます。

 最近、産經新聞が面白い。今の新聞の中では一番です。

 日經? ああ、もう御用新聞です。三十年前の迫力などもうありません。相變わらずの日經三バカ記事「春秋」「社説」「大機小機」もなんだか漫画?といふ感じです。讀賣・・・。残念です。5分あれば讀まなくても内容がわかります。財務省べったり。朝日・毎日は語ることもおぞましい。

 左翼はいろいろなところに入り込み世の中を破壊しやうとしますから、當然、産經新聞にも入り込んでゐるでせう。時々、なんじゃいこりゃといふ記事がありますが、充實してきましたねえ(明治150年と云ふ記事はおそらく左翼が書いてゐます)。

 繰り返し申し上げます。共産主義とは、「世界中の政府を暴力で転覆し、金持ちをぶち殺せば人々は幸せになる」という主義です。嘘だと思ふなら資本論をお讀みください。その共産党の新聞で「安倍政權は民主主義を壊す」といふやうな記事がありました。爆笑です。民主主義が壊れたらあんたたちの願ひはかなふのではないの????(笑)(笑)(笑)。共産党はいつの間に吉本新喜劇になったのか。その共産主義者たちを(含む社会主義)、日本では左翼と呼びます。

 國體を破戒する狂氣に對抗する力が保守です。

 人間社會の軌跡を築き上げた國體が我が國です。みんなで守りませう。